どんなに完璧に準備しても、本番のタイミングでは失敗しそうで心が折れそうになるときもあります。

そんなときには準備を完璧にすることよりも柔軟に考えることを大切にしてはいかがでしょうか。いわゆる本番に強いとは、柔軟に考えられることだと思います。

柔軟性は常に味方してくれる

柔軟に考えられる人はいつでも活路を見出せます。頭で考えるだけではなく、体をを動かしたり深呼吸をしたり、使えるものは総動員すればよいのです。もてる物をフル活用するイメージです。

“もう駄目だ”と思えばそれは袋小路。

どんなにタフな状況でもあきらめない気持ちがあれば、回避策なんていくらでも思いつきます。本番に強い人は決して最後まで諦めません。

目標を達成するためのオプションは無数にある

どんな状況でも最後の最後まで何があるかわかりません。もしかしたら上手くいくかもしれないし、失敗するかもしれません。

工夫するのは無料です。

柔軟性のある人は転んでもタダでは起きません。さらに飛躍して逆転劇を狙いましょう。

最後の最後まで何があるか分からない

1つの決断や理由にこだわりすぎることは、たくさんの可能性を自分でなくしてしまうようなもの。もちろん大切な局面では1手を打つことが必要になります。あいまいな態度は具体的な成果をもたらしません。

それこそ最後の最後のタイムアップの時まで何があるか分かりません。

誰にも先のことは分かりません。だからこそ頭のフットワークを軽くしておきましょう。

最後の最後まで臨機応変に

臨機応変に。
何でもすぐに見切りをつける必要なんてありません。

臨機応変に。
1つが駄目だったら次を試せば良いだけです。

臨機応変に。
柔軟に対応することで今までうまくやってきたじゃありませんか?この記事を読まれているあなたにはすでに十分素質があると思います。