“ワンタッチネクタイ”とは、普通のネクタイのように首に巻いてノットを結ぶ必要がなく、型崩れもしない便利な商品。”ファスナータイ”や”クイックタイ”、”スマートタイ”など様々な商品名で売り出されています。

今回の記事では、利用シーン別におすすめのワンタッチネクタイをご紹介します。TPOを選んで上手く使えばサラリーマンの味方だと思います。

ワンタッチネクタイの選び方

それなりの値段で販売されているワンタッチネクタイにダサいものがあるのは否定できませんが、見過ごすのはもったいないほど便利なアイテム。下記に示す一定の基準を守れば、無難に自然なビジネススタイルをすぐに作れます。

1.シルク素材であること
2.カラーは無地であること
3.結び目が自然であること

小さな襟型ビジネス用
MHA(エムエイチエー)

MHA(エムエイチエー)が販売するグログラン無地のワンタッチスリムタイ。目立ちすぎない自然な光沢がありながらリーズナブルな価格。

ワイシャツの襟型がシングルカラーもしくは、レギュラーカラーの場合には、結び目がコンパクトなシングルノットのネクタイを選択すれば間違いありません。

特に紺色やグレーの無地を選ぶのがベスト。柄物や派手なカラーを選んでしまうと悪目立ちしてしまうので避けた方がよいでしょう。

大きな襟型ビジネス用
洋服の青山

スーツ販売実績世界ナンバー1の洋服の青山が販売しているワンタッチネクタイ。普通のネクタイ並みの値段ですが、使いやすさ、クオリティーともに文句なしです。

色はネイビー系を選ぶのが無難。Vゾーンで個性を出したいのであれば勝負ネクタイでしましょう。ワンタッチネクタイは落ち着いたカラーが使いやすいと思います。

ジャケットの襟型(ラペル)が大きいものやワイシャツの襟型がワイドカラーであれば、ダブルノットのネクタイが自然に見えてよいでしょう。

小さな襟型冠婚葬祭用
MHA(エムエイチエー)

こちらもMHA(エムエイチエー)が販売する白と黒のフォーマル用ネクタイ。MHAのワンタッチネクタイはリーズナブルで外れがありません。

ワイシャツの襟型がシングルカラーもしくは、レギュラーカラーの場合にはシングルノットのネクタイが自然に見えます。

冠婚葬祭用ほどワンタッチネクタイのメリットを享受できるタイミングは無いでしょう。

大きな襟型用
冠婚葬祭ネクタイ

冠婚葬祭用のフォーマルネクタイ。ネクタイに立体感があるため、無地で柄の無いものを選ぶのが無難でおすすめです。

ダブルのスーツやワイシャツの襟型がワイドカラーの場合には、結び目がダブルノットのネクタイが自然に見えます。ワイシャツの襟型に合わせて選びましょう。

積極的に楽をしよう

best-one-touch-smart-ties-for-men

例えば在宅ワークの職場環境においては、Web会議に急に呼ばれたりもしますし、形式上ネクタイが必要な場合もあります。

ワンタッチネクタイに関しては、自分に都合よくなること、積極的に楽をすることがテーマだと思います。

本当に必要な時にちゃんとした格好をあつらえる運用でもよいと思います。少しの時間だけネクタイが必要ならワンタッチネクタイでまったくもって十分でしょう。