トラベルクロックという便利商品をご存知でしょうか。これは旅行時の利用に特化した持ち運びやすい目覚ましアラーム時計のことです。

スマートフォンが普及してからは朝の目覚まし時計をスマホのアラーム機能で代用している人はたくさんいます。しかし、夜中に充電が切れたり突然の故障などスマホ1台に頼りすぎると想定外のトラブルが起きる可能性もあります。また、海外ホテルでのモーニングコールの煩雑さや時差の影響を考えて、目覚ましアラームとしてトラベルクロックを持ち歩いている人は少なくありません。

今回の記事では、トラベルクロックの選び方から人気の商品までご紹介します。

選び方
静音設計で携帯性が良いこと

トラベルクロックは大きく分けて“アナログ式”“デジタル式”の2種類があります。トラベルクロックを目覚ましアラームとして使いたいのならデジタル式がおすすめ。なぜならデジタル式の方がコンパクトで携帯性が良く、アラーム設定も簡単だから。

アナログ式は静音設計アイテムでも、枕元から秒針のカチカチカチと動く音はいりません。

軽量かつ薄型タイプ
SEIKOトラベラ[SQ699W]

薄型軽量タイプのデジタル式トラベルクロックといえばセイコーのトラベラ[SQ699W]。

電波時計に対応していて、国内なら電波を受信して自動的に正確なカレンダーや時刻を修正してくれます。また、温度・湿度計はもちろんのこと、電池切れ予告機能がついているので突然の電池切れの心配もありません。

重量は約90グラムで本体サイズは「縦9.2cm 横6.6cm 奥行1.4cm」というポケットに入るコンパクトな設計。使いやすく持ち運びやすい便利なアイテムです。

オシャレなアラーム時計
ブラウン[BC02X]

オシャレでかっこいいアイテムをお探しの方はこちらの商品がオススメ。

BRAUNのアラームクロックは、そのデザイン性と機能性を兼ね備えていることから、MoMA(アメリカ二ューヨーク近代美術館)の永久所蔵品にもなっています。

機能性はもちろんんこと、操作は直感的でシンプルに洗練されています。

使いやすい操作性
リズム時計工業[R107DN]

リズム時計工業のトラベルクロック[R107DN]は使いやすさが売り。操作しやすいように大きめのボタンが前面についているのが特徴です。

基本的な電波時計と同じ機能は備えており、表示パネルで現在の電波の受信状況も一目で分かります。

大変コストパフォーマンスも良く、使いやすいタイプとなっています。

トラベルクロック1つで旅行先の不安要素はかなり減らせるもの

best-travel-alarm-clocks

国内外問わず旅行先では遅刻は厳禁。

とくにビジネスに伴う出張の際には、前日の会食がつきものでスマホのアラームでは不安な方もいらっしゃると思います。