I have a friend, of course he is not a kid, who has no sense of direction. Even if he use Google Maps with his smart phone.

Like while traveling, in a place you’ve never visited and you don’t know, how do you avoid getting lost in a city?

In this blog post, we highlight how to avoid getting lost in a new city.

01.地下で道を選ばない

how-to-avoid-getting-lost-in-a-new-city

地下鉄や地下街で目的地に一番近い出口を探そうとすると、思ったとおりの場所に出るまでに苦労するもの。地下街における看板は北口/南口など東西南北表示が多く、そもそも北がどの方向か分からなければどうしようもありません。

誰でも地下では方向感覚が鈍ります。

とりあえず地上に出ることを最優先にしてみましょう。地上に出れば建物や看板など大きな目印が目に入ってくるものなのです。

02.Look for big landmarks

how-to-avoid-getting-lost-in-a-new-city

After you get out of the subway station, look for a big landmark before you get in the crowd. For example, a high-rise building, a brand shop, or a prominent sign.

Use landmarks to know where you are. Stop start by walking. The costs you have to pay may be higher than you think.

People who have a sense of location don’t walk around the city streets with no plans.

03.できるだけ大通りを使う

how-to-avoid-getting-lost-in-a-new-city

つまりは目的地までに曲がる回数を少なくする、ということです。道を曲がる回数が多ければ間違える回数も増えます。

なるべく大通りを使いましょう。

人通りの多い大通りのほうが安全かつ道案内の看板も多く設置されているもの。困ったときにはお店や人に聞けるのも大通りの利点でしょう。

余裕を持って行動しよう

どこへ行くにしろ想定外の場所に出てしまったり道に迷うとあせってしまうもの。あわててしまえば落し物や事故の原因となります。

外出時には時間に余裕を持って行動すること。

時間的な余裕は精神的な余裕に繋がります。余裕の無さはトラブルのもと。すべてはちょっとした心がけから始まります。