行き詰ってこれ以上どうしようもなくなる時があります。持ち前の真面目さゆえか仕事への思いが強すぎて、ある程度仕事が完成したところで場を切り上げられず次の仕事に切り替えられない時があります。

ですが、仕事の現場は1つではありません。残念ながら先の見込みがない仕事に先はありません。

もしもう少しだけ気持ちのゆとりがあれば、その場に見切りをつけて次に方向を転じることもでしょう。

前向きに見切りをつけること

見切りをつけることはとても大事なこと。目的を持って前向きに見切りをつけることは大きなゴールの達成するためには必要なことです。すべてにすべてのエネルギーを注ぐことは出来ないのです。

前向きに見切りをつけること、進められる仕事を進めることが欲しい成果を得るために集中する、ということです。