外出中にスマートフォンやタブレットの充電が切れてしまった時の心強い味方、モバイルバッテリー。

家電量販店で見比べるのもよいですが、出回っている商品が多すぎてまずは一体何を基準に選んだらいいのか一苦労というのが正直なところ。

そこで今回は、BENEPRESS 編集部がおすすめのモバイルバッテリーを厳選して紹介します。

選び方:大きさと容量のバランス

the-best-portable-chargers-and-power-banks

基本的な考え方として、モバイルバッテリーは容量が大きいほどデバイスが大きく重くなります。持ち運びを重視するならポケットサイズ、屋外現場業務など屋外でタブレットを欠かさず充電したい場合や防災グッズとしての候補には大容量が必要になってきます。

今回は、選び方の基準を分かりやすくするために大きさの順にご紹介していきます。目的に合ったサイズで長く使えそうなものを選んでみてはいかがでしょうか。

常時持ち歩き用
軽さ重視の5,000mAh

モバイルバッテリーの重鎮アンカーから発売された最小最軽量のポケットタイプ。

洗練されたデザインで高さ10cm・幅3cmの手のひらサイズ。常にカバンに入れて持ち歩く用途としておススメです。

1泊2日の出張や週末旅行用
バランスの良い10,000mAh

こちらはアンカーの定番モデル。出張サラリーマンが使っている姿をよく見かけます。

容量は1万mAhもあるので、最新のスマホを約2回以上充電出来るスペックを持ち、その薄さ約1.4mmの形状で、スマホを充電しながら重ね持ちすることが出来る利便性が魅力となっています。

ハイスピード充電を両立させたポケットに入るスリムなモバイルバッテリーと言えます。

現場業務や災害対策用
安心の大容量20,000mAh

2台同時充電可能な超大容量モデル。iPhoneなら約4回、iPad Proなら約2回以上のフル充電が可能です。

2つのUSBポートを備えており、Anker独自技術PowerIQとVoltageBoostによってほとんどのUSB機器に対して最適なスピードで充電出来ます。

屋外現場業務でタブレットのバッテリーを切らせない場合や、防災グッズとして災害対策用バッテリーを常備すれば万が一の場合にも安心といえるでしょう。