巷では有名人が自身の失敗談や逆転ストーリーを紹介するテレビ番組が流行っています。その人気の理由は、みんな自分が失敗したくないからなのかもしれません。

今回は失敗から正しく学ぶ方法についての記事です。誰しもたくさんの失敗を経験してきています。だからこそ、失敗から学べることがあるのでしょう。

P.S.私はもう交通事故は起こしたくありません…

01.失敗を適切に認識する

how-to-learn-from-your-mistakes

まずは失敗という経験を前向きな教訓に変換するためにどうしたらよいかという話です。闇雲に過去を振り返るのは得策ではありません。自身の経験から建設的な答えを見出すのです。

過去の失敗を振り返る際には、機械的で杓子定規な対応が吉。自分の体験と境界線を引いて対応すると客観的になれます。つまり、落ち着いて冷静に考察できるのです。

気持ちが入り込みすぎた状態で失敗を思い返すと、過剰な反省や感情的な負債へとつながりやすいもの。やっちゃった感に振り回されることはトラウマ的で自分で自分の首を絞めています。未来の成功や安全のために過去を活かすイメージを忘れてはいけません。

02.原因と対策を打ち出す

how-to-learn-from-your-mistakes

次に行うのは原因と対策を言語化するコツは紙に書き出すこと。紙に書き出すことで論点を構造化して整理することが出来ます。滑りやすい場所には駐車しない”など答えは簡単なものかもしれません。

頭の中でこねくり回すと感情的なしこりが残るものです。

ただし、紙に書き出すことに時間をかけすぎないように。過去の振り返りはやりすぎると自分いじめにななってしまい、どうしても感情的にこじれてしまいます。振り返りとは正解のない作業です。パズルを解いているような軽い感覚でやるとよいでしょう。

03.周りに相談する

同じ失敗をしないための秘訣はロールプレイです。なにかしらの選択が結果につながります。つまり、選択するポイントを把握する能力を身につけることが大事。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。少しだけ恥ずかしさを脇において自分の体験談を周りに相談してみましょう。選択というハンドルを切るタイミングは人によって案外違うものだったりします。

失敗は成功の母

少し前までは、失敗とは避けるべきものだと評価され過ぎているきらいがありました。しかし、失敗とはものすごく価値があるものです。なぜなら、それはあなたが人生において前向きに挑戦した証拠だから。

失敗は成功のもと

正しく失敗する経験はあなたの成功に必ず役立ちます。人生において失敗し続けたいと願う人が世の中にいるでしょうか。答えは明らかにノーでしょう。みんなそれなりに成功したいと願っているものです。そして成功するためには失敗と適切に向き合う必要があるのです。