職場の人間関係がうまくいかない、というのは誰しもが抱えやすい悩みごと。しかし”職場づくり”とは管理職だけの仕事ではありません。自分から出来ることもあるのです。職場でのコミュニケーションが改善出来れば、仕事がしやすくなり、職場の人間関係もおのずと良くなっていきます。

今回は、職場のコミュニケーションを改善する方法についてご紹介します。

01.
敬意を表す

最近の会社では、職場での風通しをよくするために「さん」付けで呼び合うなどカジュアルな職場づくりが促進されています。しかし、他人へのリスペクトは忘れてはなりません。

礼を失うことを失礼と呼びます。見ている人は見ているもの。

特に成長したいという意識が強く、自分が認められたい人は、まず他人をリスペクトする必要があります。

02.
構造化して話す

how-to-improve-communication-skills-for-workplace-success

行間を読ませるようなコミュニケーションはなかなか伝わらないもの。結論や理由、事実と解釈を分けて話すなど構造化することはとても大切です。つまるところ、要点を得るということです。

もし自分が忙しい時に、急にだらだらとあてもなく話し始められたらどうでしょうか。さすがにいらだちを隠せません。会話では資料作成の仕事以上に構造化という意識が大切になってきます。

03.
丁寧に話を聞く

みんないろんな一芸を持っているもの。会社の中にはコミュニケーション能力がそこまで高くない人もいます。しかし、しゃべらない人ほど素晴らしいアイデアを持っていたりします。

聞き上手な人から丁寧に人の話を聴いてあげましょう。結論は?と問いただすだけではせっかちな職場になりかねません。せっかちで窮屈な職場で働きたいと望む人がどれだけいるでしょうか。

04.
大切なことは繰り返す

how-to-improve-communication-skills-for-workplace-success

ロジカルシンキングが重要視されている現代では、繰り返す重要性は少し過小評価されています。

やはり大事なことは繰り返すべきです。

大事なポイントを繰り返すことで相手に情報の優先順位を提供することができるようになります。声の大きさや身振り手振りだけで優先順位を人にわからせようとするのはやめにしましょう。

05.
ポジティブなフィードバック

how-to-improve-communication-skills-for-workplace-success

他人の意見にはポジティブなフィードバックをしましょう。決して揚げ足を取るようなコメントをしないように。

頭のいい人ほど頭のいい指摘をするもの。相手の理解力を試すような言い回しは適切ではあありません。仕事を前に進めるためにはどうしたらよいか、例えばこんな観点で意見をすることが良いと思います。