人間関係や深夜残業などはよくある仕事のストレスですが、仕事のマンネリだってストレスの原因になります。要は面白くないのです。

仕事のマンネリはなぜ起きるのか

マンネリは仕事に対する動機付けが欠けている時に起きると言われています。

長い期間同じような仕事を毎日繰り返していると、過剰な慣れを感じてしまうためなのでしょう。そんな時には仕事に対するやりがいや目的が曖昧になり、自分になんとなく危機感を覚えてしまうのです。

マンネリを打破する方法について

仕事のマンネリを吹き飛ばすには、ワンパターンになっている状況を変えることが一番効果を発揮します。私たちには適度な変化、言うなれば天秤にかけられたバランスが必要なのです。

マンネリ状態から抜け出すためには自分から変えようと決意することが何よりも大切。

ここからは具体的な実践方法をお話ししたいと思います。

01.とにかく休んでリフレッシュする

マンネリしている自分に気づいたら、まずはリフレッシュすることです。一度悪い流れを断ち切らなければなりません。

1日だけでも休みを取得して温泉やスパにでも行き、ゆっくりと自分を癒す時間を取りましょう。

02.新しい業務や案件に手をあげる

新しい業務は新しい仕事の動機付けになります。いままで担当したことのない案件は自分の幅を広げてくれるのです。

やってみよう、達成しようと思う目的意識が自分を奮い立たせてくれます。

03.本を読んで知見を広げる

読書は知的好奇心を刺激し、脳を活性化させてくれます。

特にマンネリを感じている人にとっては、偉人の伝記がよいでしょう。その考え方や言葉に触れることは私たちの大きな力になってくれます。

04.仕事以外の時間を充実させる

スポーツクラブ、英会話、料理教室など、とにかく自分が楽しめる趣味に没頭しましょう。

必ずプライベートで充実した時間が、仕事の充実につながってきます。

05.働くスタイルを変える

ファッションを変える、髪型を変える、通勤経路を変える、早朝出勤にシフトする、など自分に出来る範囲の働くスタイルを変えてみることです。

大げさに肩に力を入れなくてもほんの少し環境を変えられることで新しい発見があるものです。