自分のやりたいこと、仕事として達成したいこと、夢に向かってわがままになれること。もしかしたらこれほど幸せなことは無いのかもしれません。現代では好奇心を発散しながらただ時間ばかりが流れてしまっている人が多いのではないでしょうか。

そういう人生のビジョンやミッションを持つことはお金には代えがたいもの。自分の意志をはっきりと口に出せる人は強くて勢いがあります。だからこそ壁にぶつかりやすいのです。

最高速度でアクセルを踏むことだけが速度を上げる方法じゃありません。柔軟な発想があるからこそ近道だって出来るのです。

諦めなければどんな目標だって達成できる。

夢を追いかけていればうまくいかないこともあるでしょう。ですが、失敗したときに気持ちが落ち込んだとしても前を向くこと。諦めないことです。諦めずにゴールに向き合うことが自分を支えてくれます。

どんなに時間がかかったとしても、諦めなければ必ずやゴールにたどり着きます。意志あるところに道は開けるのです。

あきらめなければ必ず道はある。必ず。
– 豊田 佐吉

やり方は無限大。ゴールへの道は決してひとつじゃない。

その時に自分が思いつくやり方がすべてではありません。物事の捉え方は無限大。常識を疑いましょう。ゲームのルールを変えてみるのです。あきらめない気持ちさえ失わなければ必ず扉は開けます。

今、貴方の前に立ちはだかる壁は高いかもしれない。
でもそれは扉かもしれない。

– エイブラハム・リンカーン

ハードルは高ければ高いほどくぐりやすい

ゴールに対して本気であればあるほど、壁にぶつかった時の衝撃は大きいもの。ですが、目の前に立ちはだかる壁はあなたに超えて欲しいと思っているのかもしれないのです。

“自分には無理”だと思えば無理なものになります。倒れても休めばよいのです。前を向くことで解決策は見えてきます。乗り越えられない壁なんてありません。

Where there is a will, there is a way.
意志あるところに道は開ける。