きっかけは様々ですが仕事をしていると、ふいに“生みの苦しみ”が訪れます。いったん手が止まるとすべてがストップしてしまい、気がついたらうなってばかりで時間だけが過ぎていた、となれば仕事の進め方に改善の余地があります。

この記事ではビジネスにおける、いわゆる“生みの苦しみ”を乗り越えるための実践的対策をご紹介します。

01.
率直に周囲の人に助けてもらう

少し過去の経験を思い出してください。学生時代の部活や受験勉強などあなたはいままで誰かに背中を押されて何かを始めたことはありませんか?そんな人ははじめの一歩をサポートしてくれる人がいるとスムーズに走り出せるタイプかもしれません。

もし周囲が忙しく空気が気まずい時や気軽に相談できる人がいない時でも、勇気を出して聞きましょう。助けを求めるのは良いことなのです。

もっと他者の推進力を利用しましょう。“生みの苦しみは苦手だ”と立ち止まるのではなく、”前に進めることが自分の得意分野だ”と気づいたらこっちのものです。

02.
仕事を徹底的に分解する。

周りに相談できる人がいない時、その仕事をものすごく簡単なものにしてみてください。コーヒーを飲みながら何も考えずに手が動かせる作業単位にまで落とし込むのです。

そのときのコツは細分化仕事というものは分ければ分けるほどカンタンになります。

簡単な作業を進めて仕事の勢いがついたならこっちのもの。ペースを崩さないように前に進めるだけです。自分の苦手なこと、ハマっている苦しみから自分の得意なことに気づいてみる。苦しみにハマりつづけるか、抜け出すか。その違いはほんの少しのきっかけなのかもしれません。

企画力、発想力を磨く方法について。

03.
一度ギブアップして諦める

苦手な仕事は、開き直って一度ギブアップしましょう。諦めて別の仕事を終わらせるのですもちろん。深呼吸やたまっていた事務仕事。軽く伸びをするのもよいでしょう。そうすると肩の力が抜けてきます。体と思考は神経がつながっています。発想を柔軟にするのです。

人間が最もパフォーマンスを発揮できるのは、適度にリラックスしている状態。

意識的集中の力で無理やりアイデアを出そうとしても、意識的な思考からは出てきません。出来ない状態でやろうとしても出来ないのです。出来る状態を作りましょう。

一般的には「0」を「1」にする時のほうが苦労します。「10」を「20、30」にするほうが案外ラクなもの。仕事のノリをつかむまでは苦労しますが、一度流れをつかめばあとはスムーズに仕事を進められるでしょう。

[発想には実装を]仕事のアイデアを形にするための考え方

仕事を前に進めるのは気持ちいい

そもそも発想や企画が苦手だから手が止まるのでしょうか。それとも分野の知識が足りないから書けないのでしょうか。職場では反省する時間を取ることが許されず、次の仕事が舞い込んでしまい成長の機会も見失ってしまいます。

アウトプット重視のやり方ではなく、プロセス重視であることが大切。

絶対的な正解を出そうとするのではなく、柔軟性を意識してみてください。