仕事にトラブルはつきもの。私たちはプログラミングされたロボットではなく絶対にミスをしないという保障はどこにもありません。

だからこそミスを起こさないようにしたいと思うのは当然。仕事量が増えればトラブルの数も増えるのは否めませんが、大切なのは問題発生時にいかに適切にリカバリーするか、ということ。問題を感情的に重く受け止めすぎてしまい、気持ちが不安定になり固まっては状況が悪化するばかりです。

今回は仕事でトラブルが発生した時の考え方についてご紹介します。

01.
仕事上のトラブルは自分1人だけの責任ではない

まずは組織人としての大前提から。経営者でない限り、普通は上司からの指示で仕事をしています。誰かが誰かの部下なのです。私たちは誰の指示で仕事を進めているでしょう。

トラブル発生時の実務者があなただったかもしれませんが、最終的な責任を取るのは組織の責任者であるべき。仕事の指示を出す人にはその仕事の責任を取る義務があります。管理職とは何たるか。権利と義務は一体です。

仕事上のトラブルについて個人的で感情的な責任感を背負い過ぎないで下さい。まず何よりも大事なのは状況を正確に上長に報告することです。

02.
事実と解釈を分けて報告する

どんな大きさの仕事でもトラブル発生時には、状況を正確に把握することが何より大切。事実関係を整理することで頭もクールダウンできます。

終わった感、やっちゃった感に圧倒されることが今のあなたの仕事ではありません。報告のために事実を整理するというプロセスが最優先のタスクです。頭が働くのなら全うしましょう。

仕事に熱中していると感情移入してしまい、どうしても自分の意図が会話に混じってしまうもの。自分の頭で考えることは大切ですが、熱意と仕事の個人化は全くの別物です。

まずはノートとペンを用意して事実を整理しましょう。何が事実で何が解釈なのか。時系列で何がいつ起こったのか。紙に書き出すことで徐々に気持ちも落ち着いてきます。

03.
一時対応と恒久対応を分けて考える

誰の指摘がきっかけでもトラブルに気付いた時「すぐに何とかしないといけない」という考えが頭の中で自動的に働きます。そこでは「誰が」「どの範囲で」「いつまでに」など詳細は省略されたままです。

しかし問題解決、特にトラブルシューティングというプロセスの本質は1度に1つの問題を解決すること。そして通常、仕事のミスというものは複雑です。背景にいくつもの原因が積み重なって結果として発生するのです。

トラブルが起きた時、まずは一時対応をおこない状況を落ち着かせましょう。恒久対応はそれからです。

一回ですべてを解決しようと躍起になると二次災害を引き起こしかねません。

仕事上のトラブルで世界は止まらない
世界の中心はそこじゃない

今まで自分が担当してきた熱のこもった仕事でミスをすると精神的ダメージは大きいもの。意識は飛びそうになり、何をどうしたらいいのかも分からなくなる。

ですが、1つのミスですべてが終わるわけではありません。それでも仕事は続くのです。「大勢に影響はない」という言葉を思い出しましょう。

世界の中心はそこではありません。
それがすべてでは無いのです。

状況報告後のトラブル対応は落ち着いて対応できる別の同僚に任せて自分は休む、という選択肢も可なのです。

明日の職場には元気なあなたが必要です。いつだって臨機応変に。1人で抱え過ぎずに適度なバランスで頑張っていきましょう。